読んでいて気になった、非正規雇用の公務員の記事について

昨日の夕方に読んでいたインターネットの記事で、非正規雇用の公務員の男性の話が書いてありました。年収190万円の男性の話でしたが、記事のネタ元が当てにもならないことで評判のT社ということで、半ば疑いながら、記事を読んでいました。記事の内容は、その男性が、昼の休憩もまともに取れない位、仕事が忙しいことや、新卒者が入庁したきた時に研修に関わることや仕事について、後任の人に引き継ぎを行うことが書かれており、且つ、時間外労働は無いとのことでした。この記事についてのコメントは、私はしなかったのですが、この記事について、脊髄反射している者については、この記事の男性はプライドがあるからか、自分を大きく見せようとしている、といったものが一つあり、私は呆れました。今の時代は、SNSもあり、何かあると直ぐに表に出されて炎上することは頻繁にあります。この男性の記事は地方の市役所だったとのことですが、年収190万円であれば、8時台から17時過ぎまで月〜金曜日まで働いた場合、最低賃金を下回るということが考えられます。役所は、法に従って事を進めるのが通例ですので。この男性の記事はいつもの如く捏造だろうと思いました。こういった与太記事に脊髄反射したり、それに呼応するのは、冷静さが無いと思います。本当に毎日の生活が充実している人や忙しい人は、こういった記事に深入りしないと改めて思いました。https://www.roma2016.org/unaji-datsumo.html